縷縷日記

<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

おnew

e0197807_13342865.jpg

admiralのスニーカー初おろし。
マークが『ミツカン』に似てるなんて言うのは誰だ!
[PR]
by non-janvier | 2010-10-28 13:34

プレゼント

e0197807_3554329.jpg


いつも来ていただいている大好きなお客様からいただきました。

きっと御自宅のお庭のお花で作ってくださったのでしょう。

いつもほっこりなごませていただいています。

わたしもY様みたいに、穏やかで素敵なマダムになりたい。


残念ながら御来店の際、私は休暇中で不在・・・・

実物を見る前に枯れてしまうといけないと、

相棒みっちゃんが、

ちゃーんとデジカメに納めておいてくれた。

その心遣いにも感謝です。
[PR]
by non-janvier | 2010-10-27 04:06 | こころ

okinawa祭り

沖縄から買ってきた食材で晩御飯。

お客様はいつものメンバー。

e0197807_3502185.jpg


空芯菜入り八重山焼きそば(オカンの紅ショウガたっぷりのせ)

ゴーヤーちゃんぷるー

パパイヤとツナのナッツ乗せサラダ。


我ながら上出来!

わしたショップへ行かねば!
[PR]
by non-janvier | 2010-10-27 03:53 | ごはん

石垣島本当に最終日?

e0197807_10572330.jpg


e0197807_1058680.jpg


トホホな感じでまた同じ宿に戻る。

まだ土砂降りだし、気持ちもどんよりしているので何となく食欲もなく………

って事はなく、お腹は減るもんです。

e0197807_10535525.jpg


宿のすぐ側の「A&W」へ!

昔から気になってたんだよなぁ。
この、コーラ色の「ルートビール」という飲み物、サ○ンパスの味がします(笑)

ジョッキじゃなくてもよくない?

ま、何事も経験って事で。

サクッと食べ、シャワー浴びて、ビール一本飲んだらガクッと眠気が…


翌朝、飛行機の時間確認するも、早い便には変更不可能とのこと。

昨日帰れなくなったの私だけじゃないからねー。

そういえば混雑した空港には、小さいお子さん連れや、お年寄り、修学旅行生もたくさんもいたな。
みんな雨に濡れて疲れた顔で。
早く自分の家や、次の宿で、乾いた服に着替えて暖かいお茶飲んでゆっくりしたいはず。

イライラして大声で喧嘩している50代くらいのご夫婦や、じっとしていられなくて泣き叫ぶ子供、人間観察しながらいちいちコメントするオッサンなどなど。

待合室には負のオーラが漂いまくっていた。


どうせ14時の便にしか乗れないのなら、あと一食石垣B級グルメ堪能してやろう!

チェックアウト済ませたら本屋で時間潰し、11時半のオープンに合わせて「あさひ食堂」へ。

e0197807_10543528.jpg


まだシャッターが閉まっていたけど、厨房を覗いて店内で待たせてもらう。

e0197807_10551891.jpg


私が一番乗りだったけど、次から次へ地元の人や観光客がわらわら…

e0197807_10554042.jpg


ゴーヤー炒め定食 550円
す、すごい量(完食したけど)
口コミは様々で、「ボリュームだけ!」という人もいたけど、あっさり塩味で美味しかったな。

e0197807_1056286.jpg


お腹いっぱいでお店を出て、近くの「さよこの店」へ。

e0197807_10561956.jpg


ここはサーターアンダギーの有名なお店。

揚げたての良い香りー。

ホカホカ黒糖味を一個その場でいただく。

お腹いっぱいなはずなのに、ペロリ。

シナモンも買えばよかったなぁ。

迷惑かけている職場のみんなへも。

紅芋、プレーン、ヨモギを詰めてもらう。

さあ、空港へ向かうとしますかね。

空港には昨日見た顔ぶれがちらほら(笑)

搭乗手続きの際に
「万が一定刻に那覇に着かない場合は空席待ちか、那覇宿泊していただく可能性がありますがよろしいですか?」
と聞かれた。

よろしくなければどうすんのさ!
もう一泊石垣島泊まれってか?
と、思ったけど

「はい。」

そう言うしかないよねー。

今から那覇空港へ向かいます!

さあ、私は無事に帰れるのでしょうか!

e0197807_10565112.jpg

[PR]
by non-janvier | 2010-10-25 10:48 |

石垣島最終日

朝 六時半に起きる。

ゆしどうふの「とうふの比嘉」目指して歩く。

e0197807_10432834.jpg


また大雨、でも初日に迷ったお陰で20分ほどで到着!
めっちゃ畑の真ん中やん!

e0197807_10442218.jpg


お店は豆腐工場の前に屋根付きウッドデッキのようなのがある簡単なつくり。

e0197807_10444152.jpg


んんんまーーい!
ゆしどうふ(小)350円
ごはんと漬け物付き。
豆乳はサービスです。
あまーい豆の味。
雨の中来たかいあったよー。

お昼の石垣島最後の食事に備えて腹ごなしの為、雨の中をまた歩いて宿まで帰る。

チェックイン後は公設市場にてへちまやら海ぶどうやらたらしあげやら買い込む。

e0197807_10454781.jpg


市場のおばちゃんが雨だからって沢山おまけしてくれた!

後は泡盛買うだけ。

さあ、お昼ご飯!

「のりば食堂」へ。

e0197807_10462235.jpg


開店11時まであと15分ほど。
お店の中で待たせていただいた。

e0197807_10471249.jpg


古いけど清潔な昔ながらのの食堂です。

e0197807_10465245.jpg


ソーキそば 800円
麺に ウコンが練り込んであり、ソーキがデカい!
スープはあっさりー。
ピリ辛ラー油付き。
生姜が乗っていて美味しい!
後からサービスで炊きたてのジューシーおにぎりをいただきました。
これも美味しかった!



雨も小ぶりになったし、さあ空港に向かおう!
[PR]
by non-janvier | 2010-10-25 10:41 |

波照間三日目〜竹富島〜石垣島

雨が上がった。
6時過ぎに目覚めた。
ちょっとでもこの空気を感じていたくて、朝の散策。

e0197807_10173238.jpg


朝日を見にニシ浜へ。

風を感じながら自転車を下る。
また来れますように。

朝食の後は珈琲飲みながらゆっくり過ごす。

伊東さんから今後のゆったいのお話も聞けた。
この宿のスタイルは大好きだからずっと変わらないで欲しいけど、施設が充実するのは大賛成。

海ツアー、いいなぁ!

頼もしい伊東さんと、笑顔が可愛い奥さん、太郎君とももこちゃんにまた会えるの楽しみにしてます。

波照間出る頃にはサヨナラの雨が降り出す。

e0197807_10181931.jpg




旅の終わりに 考えたことは
言い足りなかったこの気持ち

旅の終わりに 考えたことは
あなたに会えてよかった

みなさんbon voyage

そろそろ 時間が きたよ
行かなくちゃ いけないよ
そろそろ 時間が きたよ
お別れの 言葉
バイバイ バイバイ



石垣島に荷物を置き、目指すは竹富島!

e0197807_1020244.jpg


そしてありえないくらいの大雨…

目的は「竹ノ子」のソーキそば。

e0197807_10195797.jpg



e0197807_1021119.jpg


見た目あっさり澄んだスープだけど味はしっかり!
美味しかったです!

e0197807_10361588.jpg


なごみの塔


めっちゃ急で怖いけど、記念に登る。

竹富島滞在一時間半(笑)

フラフラで宿に戻ると睡魔が…
気が張っているから気づかないだけで、私はかなり疲れているようだ。

雨の中、無理して遠くまで行くのはやめよう。
風邪なんかひいたら、せっかく快く送り出してくれた職場のみんなに申し訳ないからね。

e0197807_10242778.jpg


宿の近くの「ハモニカ食堂」。

手作りっぽいかわいい定食とカフェの店です。

e0197807_1025516.jpg


野菜もっさいちゃんぷる定食。
メインはゴーヤーと牛肉マヨ醤油炒め、島豆腐の唐揚げや、からし菜炒め、ハンダマのナムル、ミニ八重山そば。

丁寧で優しい味。

ご夫婦でやってるのかな?
言い空気が流れてる感じの店内。

e0197807_1038427.jpg

閉店10時まで雑誌読んだり、旅日記まとめたり、のんびりさせていただきました。

明日はいよいよ最終日。

朝からゆしどうふ食べにいくぞー!
[PR]
by non-janvier | 2010-10-25 10:15 |

波照間二日目

e0197807_2541187.jpg
まだ薄暗い朝。

山羊の鳴き声で起きた。

鳥も鳴いていたな。
雀みたいなかわいらしい声じゃなくて「キュイーキュイー」って感じ。

e0197807_2544236.jpg


宿の裏の「ククルカフェ」は残念ながら去年も今年もお休み。
育児中らしく、何度かやっと歩く感じのチビちゃんのお散歩に出くわした。

波照間の雨上がりの朝は、枯れ葉や土が発酵しているのか、甘い匂いがする。

e0197807_2551581.jpg


散歩風景(セルフでちょっとわざとっぽいね)

e0197807_2554675.jpg



朝食は宿で自炊。

お米や卵は用意されているのです。

e0197807_2561713.jpg



やはり今日も雨。


「仲底商店shop+cafe」で泡盛アイス(絶品!)を食べポストカードなど買い、二号店にはまた違った雑貨やカフェも一人でのんびりできるとお店のかわいい姉さんに聞き、行ってみた。

e0197807_257411.jpg


センスいいなぁ。ってか、お洒落すぎて隙がない感じ。
オリジナルで作っているという、シンプルな琉球硝子の水差しと小さなコップを購入。

※写真NGのお店だけど、お姉さんに断って撮りました

e0197807_1011458.jpg


e0197807_257486.jpg


カフェの店内。
トイレのドアがアンティークだったり、窓が吹き硝子だったり。

e0197807_2581674.jpg


波照間産黒糖氷ぜんざい。
金時豆や、珈琲タピオカ、ヨモギ白玉が乗って美味しい。

でも、

氷ぜんざいなんて、カンカン照りのニシ浜でガンガン泳いだ後、しょっぱい口で汗かきながら食べるのが、一番美味しいに決まってる。


お店が可愛すぎて私は嫉妬しているのか?

珈琲飲みながらハガキ書いたりしていると、雨が上がり晴れ間が出てきた!

e0197807_2585791.jpg


今だ!ニシ浜へゴー!

自転車で坂道を急降下、見えてきたー!

おおっ!そんなに冷たくないぞ。
服着たまま泳いでまえー!
きもちいー!

今回は海遊びあきらめていただけに、うれしかったなぁ。

e0197807_10908.jpg


しっかりお腹空かせたところで、港のターミナルの中にある「海畑(イーノー)」へ。
ここのそばは美味い!って聞いていたので是非食べたかったのです。


e0197807_352598.jpg

噂通り。スープめちゃうま。
見た目濃いけどあっさりしてる。
上に乗った天ぷらもいい!
泡盛の水割りと。

e0197807_312038.jpg



そして夕方6時にはニシ浜に沈む夕日を見に行く。

雲に反射している所が虹色に光って。
幻想的だなぁ。

今夜の晩御飯も「あやふやふぁみ」へ。

e0197807_321133.jpg


スーチカ(塩豚)定食。
これもまた美味い。焼いたのと茹でたのと味わいが違って。

サクッと食べて宿に帰ります。

この日の宿は私含めて三組。

皆さんと星空観測タワーへ。

あいにく星は期待できなかったけど。

望遠鏡で見た月面クレーターに感動!


e0197807_324738.jpg
その後は宿に戻りみなさんと乾杯。

大分の御姉妹は柔らかい空気の穏やかなお二人。
神奈川のアスリートカップルはしっかり芯が通っていて安定感がある。

初めて会うのに話が弾む。
世代も住むとこも全く違うのに、「波照間に来た旅人」っていう共通点があるから仲間っぽくてうれしい。

一人旅は楽しいし、一人で過ごすのも平気。
だからこそ知らない人と仲良くなれるのが新鮮にかんじられるのかなぁ。

それぞれ日程に余裕があるので、天気さえ良ければもう少し波照間を満喫したいけど…

メーギー(台風13号)はフィリピンに。
なかなか勢力は衰えない。
その影響で奄美大島では1日で3ヶ月の雨量。
死者も出た。
八重山地方も4メートルの波。
島に閉じ込められてしまう恐れがあるので、一便で石垣島へもどるようお勧めされた。

明日の天気はどうなることやら。
[PR]
by non-janvier | 2010-10-25 02:52 |

波照間島上陸!

港に着くと「宿ゆったい」のオーナー、伊東さんが迎えに来てくれていた。
去年と変わらずシンプルで清潔なお部屋。

e0197807_364961.jpg



早速チャリでランチへ。
目指すは「あやふふぁみ」。

e0197807_371372.jpg



カレーはサラサラめ、スパイスが効いている。
ご飯は黒紫米とか雑穀でプチプチして美味しい!

船酔いも少し残っていたし、何より夜ご飯もここに来たかったので、少なめ盛りにしてもらい、本を借りて珈琲飲みながらゆっくり過ごす。


ああ、私はここでこういう風に過ごしたかったんだ。と気持ちを噛み締めながら時間を過ごす。


水木しげるさんの娘、悦子さんのエッセイを半分読む頃には2時のランチタイム終了。


そして夜。


夜もここに来ると決めていたのです。

ここのご飯は波照間に魅せられた理由の一つでもあるのです。

ここは波照間良美さんのお店。
大好きな料理家であり文筆家、高山なおみさんのお友達で、高山さんのエッセイに度々登場します。

去年ここで、島の野菜を使ったパワーを感じる料理一つつに衝撃を受けたのでした。

5月に高山さんとお話する機会があり、良美さんにその話ができたのも嬉しかった。

e0197807_38261.jpg



夜はラフテージューシー(炊き込みご飯に角煮や野菜が乗って)
ピクルス


e0197807_3926.jpg


島の魚マンピカ(シイラ)とナガユ(ツムブリ)の自家製干物。マンピカはまるで美味しい干肉のようだし、シイラは身がしっとりしていて味が濃い。
またもや「ガーン!」

e0197807_3112469.jpg



魚をあぶる匂いに釣られてにゃんこがお店を覗いてる。

e0197807_3122569.jpg



既にお腹は満たされていたけど、まだまだ他にも食べてみたい!

e0197807_3114767.jpg


アーサーばっぽ(ヒラヤーチーという沖縄のチヂミみたいなものを卵焼きみたく丸めたものでアーサーの香りが良い)

珈琲泡盛飲みながら、お昼の本の続きを読み終え、御馳走様です。


今夜の宿は一人ぼっち。

e0197807_3143134.jpg


持参したばななさんの「うみのふた」と、宿で借りた「ひとりたび2年生」を読みながら、虫の鳴き声をBGMに就寝。

さて明日は晴れるかな?
[PR]
by non-janvier | 2010-10-25 02:09 |

困りました

e0197807_10501583.jpg



石垣空港発着の便は全便まさかの欠航というスゴいオチ。

e0197807_10504353.jpg



明日の那覇経由もいっぱいで一番早くて福岡着17時過ぎ。
空席待ちも厳しいでしょうとの事…



夕方には福岡に着いて、お土産配りしたり、買った食材で友達に沖縄料理振る舞う予定が…


色んなハプニングも、割と前向きに乗り越えたつもりだったのになぁ。


最後の最後にドカーンと落ち込む。


何が凹むって、職場に迷惑かけること。


旅行日記もあとは写真載っけるだけってとこまで書き上げたから、明日の昼まで何もする事ありません。


ああ、帰りたい。
[PR]
by non-janvier | 2010-10-24 10:50 |

石垣島の夜~

台風ぅで、とうふぅ食べ損なって腹ペコで宿に戻る。


宿の近くの良さげな居酒屋を発見!


お一人様歴結構長いもんで、一人居酒屋だってヘーキ。


まずオリオンビール生!

e0197807_244488.jpg


ゴーヤーちゃんぷるハーフサイズ(タクシー運ちゃんの言うとおり麩は止めといた)、海ぶどう、もずく…


ゴーヤーちゃんぷるには豚肉じゃなくて蒲鉾スライスが入っていてあっさりしてウマい!
もずくは福岡で食べるのと全然ちがーう!


お隣の新婚さんカップルが偶然福岡の人で、しかも旦那さんはたまに行く某お寿司やさんにお勤め。
奥さんは何と高校の後輩だった!
すごく感じいい若いご夫婦。
末永くお幸せにねー!


お店の方とも楽しくお話し、普段飲めない泡盛を3杯も飲んでしまった!

アウェイなんで、飲みすぎには注意!


翌朝は6時起きで「とうふの比嘉」リベンジするつもりだったけど、念のため高速船の運航状況確認したら、やっぱ欠航…


でもでも!フェリーは運航するって!


とうふは帰りに寄るとして。
スカンク兄弟聴きながら、急いでフェリー乗り場へ!

e0197807_245334.jpg



うーん、波止場にはドラマがありますなぁ。


昨日の泡盛はそんなに残ってなかったはずだけど、船の揺れが激しくて人生初の船酔い。

そんなこんなで一年ぶりの波照間に到着!

こっちもバケツひっくり返したような雨雨あめーっ!

さ。何してあそぼかなぁ。
[PR]
by non-janvier | 2010-10-19 14:52 |